エアコンガス補充を簡易的にDIYしてみた 【R-12】 【ランドクルーザー70】 

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

DIY

今回は平成4年式ランドクルーザー70のエアコンガスをDIYで補充していこうと思います♪

結構ハードルが高そうですがネットを屈指して挑戦していこうと思います❗️

あくまでDIYなので大切な愛車をちゃんと整備したいなと思う方は、ちゃんと整備工場などでやってもらってくださいね😉👍

【R-12】ランドクルーザー70 エアコンガス補充のDIYに挑戦

まず初めにどれくらいエアコンが冷えていないかのチェックをしてみます。

時期的にも真夏で外気温は33度が続いていました😅
かなり暑いですよね💦

これからもっと熱くなっていきそうな予感がするので直ちにエアコンガスの補充を行なって快適なドライブをしていかなければならない状況です😓

補充前の温度

まず補充前の温度を測ってみました


約24度になっているエアコン吹き出し口

手をかざすとすごい温度です💦
外気温より涼しいですがそれでもお世辞でも涼しいとは言えません(笑)

エアコンガスチャージホースの紹介

以前ヤフオクで購入したR-12専用低圧メーター付きエアコンガスチャージホースを物置小屋からほっくり出してきました😄

今ではインターネットでさまざまなエアコンガスチャージホースが売られています。
マニホールドゲージといったプロが使うような高圧と低圧に接続して使用する商品や、本当にガスの充填のみに使う、エアコンガスを接続するだけのものなどいろいろあります。

私は簡易的な仕様なのですが、一応低圧ガスの数値が判断できるゲージ付きのものを前に購入していました❗️

R-12専用低圧メーター付きエアコンガスチャージホース

外部リンク
Amazonの類似品の商品はこちら↓

HZ-MONSTAR R12 R134a カーエアコン ガスチャージキット エアコンリチャージ 汎用缶切りタップバルブ R134a低圧用クイックカプラー メーター付き1.3mチャージングホース 変換アダプター 1/4”SAEオス 5/16”SAEメス

 

エアコンガスチャージの接続方法

それでは接続方法を紹介していきます。

エアコンガスチャージャーのゲージの近くについているコックを閉じる方向に回してから、ボンネットを開けてエアコンコンプレッサーの近くに赤と黒の2箇所差し口があるのでそちらの黒の方にねじ込みます❗️


こちらの低圧側にガスチャージャーをねじ込みながらを接続する

そしたらR-12を接続するところのコックの弁を反時計回りに引っ込めれるぐらい引っ込めて、
そしたらガス管本体を時計回りにねじ込み入れます。


今回使用するR-12対応カーエアコン冷媒(アストロプロダクツで購入)

 


接続するとこんな感じになります

そうしたら低圧のゲージの針が上がってきます❗️

そうしたらホースの中に圧がかかったので次にエアコンガス本体を緩めて黄色いホースの中に入っているエアーを排出してあげます。(エアーパージ)

自分の感覚では1秒ぐらい出せばホース内のエアーが全部出てるのかなと思ってやっています😅

(そのまま入れてしまうとホース内にあるエアーがコンプレッサーの中に入ってしまい故障の原因になります💦)

そうしたらまたエアコンガスをねじ込んで漏れがないか確認します。

エアコンガス補充

エアコンガスチャージホースの接続が完了したら車のエンジンを始動します。
エアコンのスイッチを入れ風量最大にして、設定温度は一番低温に設定します。

エンジンをかけると低圧ゲージの針がが下がっていきます。

今日は外気温が30度だったので低圧の針が(Mpa)で0.15〜0.25の間になければならないのですが、低圧ゲージの針を見ると0.11でした。
一缶入れれば規定数値に到達しそうです♪

外気温℃ 20℃ 25℃ 30℃ 35℃ 40℃
高圧(Mpa) 1.0〜1.4 1.3〜1.7 1.6〜2.1 1.9〜2.4 2.3〜2.8
低圧(Mpa) 0.09〜0.18 0.11〜0.22 0.15〜0.25 0.17〜0.28 0.21〜0.34

 

そしたらエアコンガスの補充に入ります。

エアコンガスのところについているコックを時計回しに回すと針が出てきてそのままカーエアコン冷媒に穴が空き今度は逆に回していけば針が上がっていって穴があきそのままコンプレッサーの方に入っていきます。さらに手などで温めるとさらに入りやすくなっていきます。

缶がかなり冷えてくるので素手でやることはオススメしません💦
手袋を着用しての作業をお願いします❗️

こうなればあとはエアコンガスが常温になるまで入れ続ければオッケーです。

そしたらさっきと逆の手順でエアコンガスを取り外して次はエアコンオイルコンディショナーを補充していきます。


エアコンオイルコンディショナー(アストエロプロダクツ)

こちらもエアコンガスを入れた時と同じ方法で補充していきます。

エアコンガスとエアコンオイルコンディショナーを補充した後の温度計

ガス一本でまずまずの数字のところまで行くことができました。

エアコンガス補充する前   24℃
エアコンガス補充した後   14℃

写真に撮ることができなかったのですが30分ほどドライブしてみたら9℃まで下がっていました❗️

エアコンガスを一本補充してみての結果

エアコンガスとエアコンオイルコンディショナーを入れて入れて入れる前の状態から
15℃下がることができました❗️

これくらい温度が下がれば遠出も苦になりません(笑)

今回はR-12のエアコンガスチャージの記事になりました。
あくまでもDIYでの作業なので、もし同じことをするときは自己責任でお願いします。

それでは終わります✨

最後までありがとうございました😄

内部リンク
ランドクルーザー70のDIYブログはこちら↓

【ランドクルーザー70】車中泊カスタムをDIYで挑戦【2023年版】

 

外部リンク
商品購入にとてもお世話になっている店舗アストロプロダクツの公式サイトはこちらから↓

工具・DIY・整備用品の専門通販|アストロプロダクツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました